20150910%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・フルセットの接戦を制したD1伊藤(右)・酒井とベンチコーチを務めた松井(中央)>

 9月10日、江坂テニスセンターにて平成27年度関西大学対抗テニスリーグ戦第2戦(対同大)が行われ、関学は5ー0で勝利を収めた。
 D2山本(国3)・栗本(社1)は難なく勝ち星を上げ、D1伊藤(教3)・酒井(社3)もフルセットの接戦を制し、2ー0とした関学。そのまま勢いに乗り、シングルスも3ー0と全勝した。初戦に引き続き5ー0の完勝で、リーグ戦連勝となった。
 あす、同会場にて第3戦(対親女大)が行われる。

試合後のコメント
主将東原加奈(人4)「D1はファイナルセットに突入するしんどい試合だったが、勝ち切れたことでチームの流れは関学に来た。応援の雰囲気も良かったと思う。同大は決して弱い相手ではないが、5ー0で勝利できたことは大きい。次戦からも気を抜かず、チーム力を武器に戦っていきたい」

このページの先頭へ