20150910%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・ダブルスで唯一白星を上げたD1衣川(右)・石山>

 9月10日、江坂テニスセンターにて平成27年度関西大学対抗テニスリーグ戦第2戦(対甲南大)がダブルスのみ行われた。
 D2日下(商4)・田中伸(文1)、D3坂上(神3)・岡本(法3)が惜しくも敗北を喫し、0ー2となった関学。しかし、D1衣川(商4)・石山(人2)が6ー3、7ー6(3)と接戦を制し、1ー2であすのシングルスへとつなげた。
 あす、同会場にて第2戦(対甲南大)がシングルスのみ行われる。

試合後のコメント
D1衣川郁弥「夏関で負けた相手だったので、借りを返す良いチャンスだと思った。まだ7割の力しか出ていないので、これからもっと調子を上げていく。あすはシングルス6戦とも取って、残り3戦に勢いをつけたい」
D1石山喬悠「0ー3と1ー2では全然違うので、何としても勝ちたかった。まだまだやれるはず。チームの柱になれるよう、今後の試合では単複ともに全勝したい」

このページの先頭へ