150911%E5%BA%AD%E7%90%83%E7%94%B7%E5%AD%90.JPG
<写真・フルセットの末勝利したS1日下>

 9月11日、大阪府江坂テニスセンターにて平成27年度関西大学対抗テニスリーグ戦第2戦対甲南大(シングルスのみ)が行われた。
 総合成績4勝4敗で迎えたS(シングルス)1に出場した日下(商4)。負ければ関西制覇が途絶える大一番でも、勝負強いテニスを展開し3時間半を超える接戦を制した。これで関学は開幕連勝。次は9月13日、同会場にて同大との第3戦が行われる。

試合後のコメント
主将牧田和久(人4)「本当に感動した。相手の勢いに押されて追い詰められたが、日下のプレーと周りの応援でそれを乗り越えることができたのが勝因。勝ててよかった。次は相手もより強くなる。ここからが再出発。そう思って戦う」
S1日下稜介「勝ててホッとした。きょう負けていたら関西制覇もなくなっていたかもしれない。ただ、次が大一番。今回勝てなかったダブルスでも勝てるようにしたい」

このページの先頭へ