150912%E5%BA%AD%E7%90%83%E5%A5%B3%E5%AD%90.JPG
<写真・関学はあす王座出場をかけた戦いに挑む>

 9月12日、大阪府江坂テニスセンターにて平成27年度関西大学対抗テニスリーグ戦第4戦対園女大が行われた。
 ここまでリーグ戦無敗のダブルスだったが、夏関王者に敗北。1勝1敗でシングルスを迎える。すると、先に行われたS(シングルス)2で敗れるもS3宇佐美(社4)が粘り勝ち、勝負はS1伊藤(教3)の手に委ねられる。しかし、全国トップレベルの選手を相手に防戦一方。最後は意地を見せるもあと一歩届かず。総合成績2勝3敗となり5連覇の可能性はついえた。あす(13日)は同会場で関大と王座出場をかけた戦いに挑む。

試合後のコメント
主将東原加奈(人4)「本当に悔しい。ただ、この負けを引きずれば明日も負けてしまう。しっかり切り換えてもう一度全員で戦いたい」

このページの先頭へ