20150914%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・リーグ戦初出場で見事勝利を収めた本間>

 9月14日、江坂テニスセンターにて平成27年度関西大学対抗テニスリーグ戦第4戦(対立命大)が行われた。
 ダブルスでは全ペアが勝利を上げ、3ー0でシングルスを迎えた関学。リーグ戦初出場のS5本間(経1)が6ー3、6ー2でストレート勝ちを収めるなど、関学は次々と勝ち星を上げた。総合成績は8勝1敗となり、リーグ戦3勝目を勝ちとった。
 あす、同会場にてリーグ最終戦(対関大)が行われる。

試合後のコメント
主将牧田和久(人4)「勝ちはしたが、チームの盛り上がりがまだ足りない。関大戦に向けて、もう一度気を引き締める必要がある。あすは全てを出しきって、必ず勝つ」

このページの先頭へ