20150915%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・リーグ戦を3位で終えた庭球部男子>

 9月15日、江坂テニスセンターにて平成27年度関西大学対抗テニスリーグ戦最終戦(対関大)が行われた。
 ダブルスでは、昨年の王者関大に対し食らいつくも0ー3となった関学。続くシングルスでは、S(シングルス)6本間(経1)が3ー6、7ー6(2)、6ー1で逆転収めた。S1日下(商4)もフルセットの接戦を繰り広げるも惜敗。総合成績は1勝8敗で敗北を喫した。リーグ戦成績は3勝2敗となり3位となった関学。王座進出にあと一歩届かず、4年生はこれをもって引退となる。

試合後のコメント
主将牧田和久(人4)「目標として掲げてきた『関西制覇、打倒早稲田」が達成できず悔しい気持ちはもちろんある。でも、このリーグ戦を通して、石山(人2)を始め後輩の成長が見られたし安心して引退できる。主力メンバーが抜け、来年は今年よりも厳しい戦いになると思うが、自分たちの代を超えてほしい」

このページの先頭へ