151203%E5%BA%AD%E7%90%83.JPG
<写真・女王早大の選手にフルセットで勝利した伊藤(左)と酒井>

 12月3日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成27年度全日本学生室内テニス選手権大会(本戦)が行われた。
 女子シングルスに出場した伊藤(教3)。相手は全国10連覇中の早大の選手と苦戦が予想された。しかし、今大会第3シードの伊藤はボールを四隅に打ち分け相手をを寄せ付けず、6-2、6-4とストレート勝ち。圧巻のテニスで全国ベスト8入りを決めた。また、女子ダブルスでは伊藤・酒井(社3)が第1セットを落とすも、第2セットを奪い返し、勝負はスーパータイブレーク(10点先取)に。先にマッチポイントを握られたが、粘りを見せ逆転勝利を収めた。これで、伊藤・酒井ペアは全国4強入りとなる。
 女子シングルス2回戦、ダブルス準決勝はあす同会場にて行われる。

試合後のコメント
伊藤遥「勝てて良かった。楽しんでやろうと思った結果。(完璧なコントロールについて)打ったらそこに行っていた。明日も勝つ」
酒井渚月子「勝てた喜びよりも、緊張の中で自分たちのテニスができたことに安心している。(タイブレークは)いつも通りにやろうという感じでした。明日もまず1勝。目の前の試合に集中する」

このページの先頭へ