20170907%E5%BA%AD%E7%90%83%E5%A5%B3.jpg
<写真・強気のボレーで攻めた観音堂(手前)>
 9月7日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成29年度関西大学対抗テニスリーグ戦が行われた。第3戦は同大と対戦。
関学が意地を見せた。第2戦の大教大戦でまさかの敗北。原因は、ダブルス2本を落としたことにあった。きょうも、ダブルスは夏関で4強入りした2組が出場。ダブルス1(D1)の栗本(社3)・前田(人3)は、相手につけ入る隙を与えず、6-1、6-1で圧勝した。ダブルス2(D2)は、大教大戦で粘り強い戦いを見せた観音堂(社4)・藤原(国3)。第1セットから強気のツーボレーを展開した。ボレー戦で相手を圧倒し、6-1、6-2で勝利。きょうは2-0で折り返し、「ダブルスの関学」として挽回した。
雨のため、シングルスの試合はあすに延期となった。第3戦のシングルスは9月8日、同会場にて行われる。

試合結果
☆D1栗本・前田6ー1、6ー1
☆D2観音堂・藤原6ー1、6ー2

試合開始前
S1窪村有真(国4)
S2栗本麻菜
S3前田友花

試合後のコメント
竹浪史華主将「きょうは、2-0取れてスコアでも圧勝できてよかったと思う。きのうの練習で思い切ってプレーするようにと話した。思い切ってプレーした結果かなと思う。去年の優勝校ではあるが、もう一度、チャレンジャーとしてスタートした。応援も含め、全員がベストを尽くし、同大に勝ちたい」

このページの先頭へ