20171127%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・ポイントを取られ悔しさをにじませる本間>

 11月27日、大阪府江坂テニスセンターにおいて、平成29年度全日本学生室内テニス選手権大会(予選)が行われた。 大会2日目は男子シングルス予選1回戦が行われ、関学からは本間(経3)が出場。ファーストセットは4ー1で流れは本間にあったが、5ー5に追いつかれる。だが、その後2ゲーム連取し、7ー5でファーストセットを奪取した。セカンドセット、ファイナルセットは相手に連取され逆転負け。予選1回戦で姿を消した。

男子シングルス予選1回戦
本間   7ー5、2ー6、4ー6

試合後のコメント
本間春樹「相手がディフェンスの選手だと知っていて、ミスを誘うプレーを意識した。途中までできていたけど、自分の中で迷ってしまい悪循環にはまっていった。今大会の目標は本戦出場だった。行けると思ったけど、駆け引きができずミスも多かった。今後は関西優勝、全国ベスト16を目指していきたい。全国で勝ち上がるには駆け引きが必要。最後のネットプレーを決めきるようにしたい」

このページの先頭へ