20180301%E5%BA%AD%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg

<写真・女子シングルス1回戦を突破した栗本主将>
 3月1日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、平成29年度関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。女子シングルスでは11人出場し4人が勝ち上がった。日没までのため、2試合があすへ持ち越しとなった。
 あすは同会場で女子シングルスの2回戦が行われる。

女子シングルス本戦1回戦
栗本(社3)2ー0(6-2、7ー6)
前田(人3)2ー0(6-1、4-0(相手選手棄権のため))
藤原(国3)0-2(4-6、1-6)
近江(教3)0ー2(1ー6、1-6)
越智(教2)0ー2(2ー6、3ー6)
高本(商2)0ー2(7ー6、2ー6)
明河(経1)2ー1(2-6、7-6、6-3)
大和(経1)2ー1(6-1、3-6、6ー2)
岩井(商1)2ー0(2ー6、3-6)

試合後のコメント
河野永莉副将(商3)「チームとしては、明河がシード選手に勝ったことなど、1年生が勝てていたのでよかった。ただ、大事なところで取り切れないところも多く、タイブレークになったときに全員がもっと強気に自分らしさを出していけたらいいと思う。あすは勝ち残った人はしっかり勝って、あさってに繋げたいです」
1回戦を突破した前田友花「相手選手のけがにとらわれずに、自分のプレーができてよかった。前に詰められるところはしっかり詰めて攻めることができた。あす、勝ち残れた人はしっかり結果を残して、男子に負けずに頑張りたい」

このページの先頭へ