5月11日、大阪市長居陸上競技場、長居第2陸上競技場において第89回関西学生陸上競技対校選手権大会トラック&フィールドの部(大会3日目)が行われ、男子1部4×100㍍Rで優勝するなどの結果を残し、総合得点102点で首位を維持した。3000㍍障害では大迫(経4)が8分54秒64で準優勝。さらに女子円盤投で土江(教3)が4位に入賞し、男女共に結果を残した。明日、同競技場において最終日が行われる。


試合後のコメント
4×100㍍Rに出場した吉坂直人(社2)「関西学生新記録を狙っていたが果たせなかった。個人では準決勝落ちしてしまっていたが、周りに引っ張ってもらいリレーで優勝できた。チームの応援に記録を出してこたえたいと思っていた。このまま総合優勝を目指したい」

このページの先頭へ