4月24日、長居公園周回コースにて第90回関西学生陸上競技対校選手権大会男子1部ロードの部が行われた。この大会で3連覇を狙う関学は児子侑樹(社4)、小山陽平(社3)、川口貴大(文2)が出場。ハーフマラソンで競われた今レースで関学は序盤から上位につけた。最終結果、小山が1時間6分8秒で1位。川口は1時間6分28秒で5位、次いで児子が1時間7分22秒でゴールした。今種目で関学は16点を獲得。史上初の関カレ3連覇の偉業に向けて好スタートを切った。

試合後のコメント
主将・三浦豊成(人4)「今日のロードの部では昨年より高い得点を獲得できた。出場した3人のレース内容はよかったと思う。長距離パートの実力は去年より上がっていると実感した。今年の関カレは昨年より厳しい戦いになると予想しているが、部員全員で3連覇を狙う」


130424track.jpg

このページの先頭へ