7月5日、秩父宮賜杯第66回西日本学生陸上競技対校選手権大会1日目が徳島県鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われ、関学勢は男子棒高跳決勝で有明(人2)が5㍍30で見事優勝。女子円盤投決勝では土江(教4)が53㍍88、男子3000m障害決勝で奥田(法2)が9分15秒54でそれぞれ4位入賞を果たした。男子4×100㍍R、男子4×400㍍Rで決勝進出を決め、また男子100㍍予選では、古池(商4)と伊山(商1)が準決勝進出、男子200㍍予選でも椋下(商3)、橘田(総1)がそれぞれ準決勝進出を決めた。
 今大会は7月7日まで行われる。

このページの先頭へ