20140422load.jpg
<写真・最後まで粘りの走りを見せ、関学勢トップでゴールした川口>

 4月22日、長居第2陸上競技場周回コースにて第91回関西学生陸上競技対校選手権大会男子1部ロードの部が行われた。関学からは小山(社4)、川口(文3)、本藤(経2)が出場。昨年、今種目で創部初の優勝を果たし連覇を狙う小山は、川口と共に序盤から先頭集団でレースを引っ張る。しかし、終盤にさしかかってもペースが落ちない先頭集団との差が徐々に広がってしまった関学勢。最終結果、川口が1時間5分40秒で4位、小山が1時間6分28秒で7位入賞を果たし、計7点の対校得点を獲得した。本藤は1時間8分18秒で12位に終わった。今大会は5月7~10日にトラック&フィールドの部がヤンマースタジアム長居(長居第1陸上競技競技場)で行われる。関学は創部初の関西4連覇を懸けた戦いは続く。

試合後のコメント
川口貴大「ラスト5㌔からのレースは特にきつかった。去年よりも強い選手が多く、厳しいレースだったと思う。でも、関西インカレのスタートとなる今種目で対校得点を取ることができたのでいいスタートを切れたのではないかと思っている」
小山陽平「優勝を狙っていただけに悔しい。思い通りのレースができなかった。ハイペースなレース展開に対応できず苦しかった」
本藤光「今大会に合わせて十分な調整をして臨むことができなかった。また、気持ちの面での弱さも結果に表れた。入賞することもできず、チームに貢献できなかったので悔やしい。この経験を糧に次の試合に臨みたい」

このページの先頭へ