20140510track.JPG
<写真・創部初の男子1部総合4連覇を達成し笑顔を見せる部員たち>

 5月10日、第91回関西学生陸上競技対校選手権大会トラック&フィールドの部最終日がヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居で行われた。関学勢は男子1部400㍍ハードル決勝で清水(国4)が51秒22で優勝。男子1部800㍍決勝でも水間(法3)が1分56秒67で1位を獲得した。また、男子1部棒高跳決勝では、日置(神2)が記録5㍍10で優勝、藤居(人4)が記録5㍍00で準優勝、有明(人3)が記録4㍍80で4位入賞と、関学が圧倒的な強さを見せた。関学は男子1部トラック得点112点で優勝、フィールド得点58点で準優勝、混成得点25点で優勝を果たし、総合得点195点で創部初の関西インカレ男子1部総合4連覇を達成した。

試合後のコメント
主将山根雅斗(商4)「試合前にけが人が多発し、2日目までは他チームと競っていて不安はあったが、結果的に勝てて満足している。4年生には柱となる選手が多く、彼らがチームを引っ張ってくれた。チームの雰囲気もよかった。西日本インカレでは関西の強さを見せ優勝したい」

140510tf.jpg


140510tf2.jpg

このページの先頭へ