20140906%25E9%2599%25B8%25E4%25B8%258A%25E7%25AB%25B6%25E6%258A%2580%25E9%2583%25A8%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1%25E5%2586%2599%25E7%259C%259F-2.JPG
<写真・800mで決勝進出を決めた水間>

 9月6日、埼玉県熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて天皇賜盃第83回日本学生陸上競技対校選手権大会2日目が行われた。男子110mHでは主将山根(商4)が14秒37で準決勝に進出。男子800mでは水間(法3)予選、準決勝を突破し、明日の決勝へと駒を進めた。男子十種競技に出場した篠原(教4)は全種目を終了。5位で終了した前日から順位を上げ、準優勝で表彰台へと到達した。今大会は明日が最終日、関学掲げている男子総合5位入賞に向けて、全てを出し切る。
以下、本日出場した全選手の結果です。

200m 掛川(神1)21秒35【予選敗退】
800m 竹中(経2)1分52秒23 【予選敗退】、冨永(社4)1分54秒38【予選敗退】、水間1分51秒92【準決勝進出】、1分54秒73【決勝進出】
100mH 山根14秒37【準決勝進出】
400mH 清水(国4)52秒28【予選敗退】
男子4x100㍍リレー決勝 掛川、吉坂(社4)、椋下(商4)、西岡(商1)40秒19【8位】
男子4x400㍍リレー 椋下、新道(商3)、大西(文1)、清水 3分09秒35【予選敗退】
女子走幅跳 原(文1)1m73【3位入賞】
十種競技 篠原全種目終了7394点【2位入賞】

このページの先頭へ