20141122%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・今大会で引退を迎えた4年生たち>

 11月22日、丹後大学駅伝(第76回関西学生対校駅伝競走大会)が京都府京丹後市久美浜公園~京都府宮津市市役所前までの81.4㌔のコースで行われ、関学は3位に終わった。序盤は第1区の乾(社2)が首位と6秒差、第2区の小山(社4)が首位と2秒差で走り終えると、第3区の村瀬(文4)が7秒差で首位に躍り出る。その後は順調に差を広げ、1位をキープしたまま迎えた第8区。パート長を務める甲斐(経4)が猛追を見せた立命大、京産大に追い付かれ、勝負はラストスパートへ。3人ほぼ同時にゴールテープを切る大接戦となった今大会、軍配は立命大に上がった。初の関西制覇を目前で逃した関学だったが、第2区の小山、第4区の野中(経1)、第5区の辻横(経4)、第6区の田村(経3)が区間賞を受賞した。長距離パートは今大会が今年度最後の大会となり、4年生は引退となった。

試合後のコメント
甲斐将樹「優勝できずとても悔しい。ラスト勝負だと思っていたが最後は力負けしてしまった。8㌔あたりから立命大と京産大に並ばれ、互いにけん制しながらゴールを目指した。最後の激しいデットヒートは競技人生で初めての経験だった。長距離パート長としてこの一年大変なことも多かったが、まとまりのあるチームを作ることができ良かった。後輩たちには来年こそ関西の頂点に立ってほしい」
第5区で区間賞を獲得した辻横浩輝「3位という結果は悔しいが、4人も区間賞を取れたことには満足している。第5区を走った立命大、京産大の選手には全日本で負けていたので、今回は勝ててよかった。関学の長距離パートは他パートと比べて劣っているのでミーティングを増やしたり、優勝に向けて意識を高めるとこを心掛けてきた。今までは1位、2位のチームに大差を付けられてきたが、今年はわずか1秒の差しかなかったのでチームとして確実に成長している。この経験を生かして、後輩たちには来年は優勝を目指してがんばってほしい」

このページの先頭へ