20170420%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80.JPG

<写真・先頭を走る野中と、続く坂東>
 
 4月20日、ヤンマーフィールド長居付設長距離走路にて第94回関西学生陸上競技対校選手権大会男子1部ロードの部が行われた。
 関学からは野中(経4)、松井(経4)、坂東(経3)が出場。序盤は野中を先頭に、関学勢が先頭集団でレースを引っ張った。レース終盤、足を痛めていた野中が3番手にまわり、前に出た京産大の奥村に坂東が食らいついた。松井は先頭から少し離れるも、粘る走りを見せた。最終結果は坂東が1時間5分42秒で2位、野中が1時間6分1秒で3位入賞。計13点の対校得点を獲得した。松井は1時間8分02秒で10位となった。
 今大会は5月10日~13日にトラック&フィールドの部が行われる。

試合後のコメント
乾大輔主将(教4)「関西インカレ7連覇に向け、いいスタートが切れた。坂東は安定した調子で上位入賞し、野中は足を痛めていたが粘って頑張ってくれた。松井も最後まで諦めない姿を見せてくれたので、他の選手のやる気につながった。今日の結果で、トラック&フィールドの部に向けチームを勢いづけることができた。残り1ヶ月、チーム一丸となり頑張りたい」

このページの先頭へ