20170510%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・1位でゴールしガッツポーズの仲村>

 5月10日、ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居にて第94回関西学生陸上競技対校選手権大会2日目、トラック&フィールドの部1日目が行われた。関学は1500㍍決勝で仲村(文4)、浜田(国4)、神谷(商4)がワンツースリーでフィニッシュし表彰台を独占。また、足達が7㍍79の大会新記録で2位となった。400㍍リレー予選では大会新記録の39秒68をマークし全体2位で決勝へ進出。他多種目であす以降行われる決勝へ進出した。
 トラック&フィールドの部はきょうから4日間行われ、関学は7年連続の男子総合優勝を目指す。

主な結果は以下の通り。

男子1500㍍決勝
1位  仲村尚毅   3分51秒
2位  浜田泰輔   3分53秒
3位  神谷天地   3分54秒

男子走り幅跳び決勝
2位  足達一馬 7㍍79 大会新記録
4位  西岡春陽(商4)7㍍55

男子400㍍リレー予選
西端(人3)掛川(神4)南山(総4)西岡(商4)
39秒68  大会新記録で決勝進出

試合後のコメント
主将乾大輔(教4)「出だしからいい流れとなった。400㍍リレーの大会新記録や、1500㍍決勝など、1日目から全体的にいい結果だった。選手は集中を切らさず、この勢いに乗っていけば優勝は確実になってくると思う」
1500㍍優勝の仲村「練習のときから勝負している2人(浜田、神谷)と最後の関西インカレでワンツースリーをとれた。優勝以上に3人で表彰台を独占できたことが嬉しい。2人もとても喜んでいると思う」

このページの先頭へ