%E9%99%B8%E4%B8%8A.jpg


〈写真・3位入賞したリレーメンバー〉

 9月2日に、福井県運動公園陸上競技場にて、天皇賜杯第86回日本学生陸上競技対校選手権大会が行われた。男子総合得点で8位入賞を狙う関学。2日目のきょうは、各種目予選や100㍍決勝などが行われた。

 注目の集まった100㍍決勝は、多田(法3)が出場した。中盤まではトップを走るも、終盤桐生(東洋大)の追い上げに敵わず、2位。しかし10秒07で自己ベスト、大会新、関西学生新記録を更新した。400㍍リレーではアンカーでエースの多田の力走もあり、3位に入賞。5000㍍では、長距離パートのエース野中(経4)が関西勢で唯一、7位で入賞した。

 あすも同会場で大会最終日が行われ、決勝種目が多く行われる。


主な試合結果


男子100㍍ 多田修平

決勝 2位10秒07


男子400㍍リレー決勝

3位

西端(人3)-小倉(国1)-掛川(神4)-多田(法3)39秒58


男子800㍍

予選

1組 和仁(国2)1分54秒04

2組 花村(法2)1分52秒29


準決勝

花村 1分58秒25


男子3000㍍SC予選

小嶋(社3)9分01秒54

→決勝進出


男子110㍍H予選

上村(法3)14秒54


男子200㍍予選

伊里(人2)21秒42

→準決勝進出


男子400㍍H予選

山本(人4)52秒90

志摩(商3)53秒08


男子円盤投げ決勝

杁本(総4)46㍍70


男子走り幅跳び決勝

足達(社2) 7㍍42


男子4×400㍍リレー予選

芳村(教3)-大西(文4)-椋下(国3)-志摩(商3)

2組3着 3分10秒94


男子5000㍍決勝

7位 野中 13分59秒75


男子十種競技

11位 乾(教4)6880点


試合後のコメント


乾大輔主将「きょう15点を取り、8位以内につけていて流れ。この流れに乗っていけば総合8位入賞も見えてくると思う。今まで以上に全員で応援ができている。あすで4年生は最後となるので、背中で示せるように出場する人も応援する人も、気を引き締めていく。後輩に思いを託し、それぞれができることをしっかりやりたい」

このページの先頭へ