20140613volley.jpg
<写真・第2セットでスパイクを打ち込む東田(人3)>

 6月13日、関西大学にて第37回総合関関戦が行われた。関学は今春2部昇格を決めた関大に、セットカウント3-0で勝利。1部の強さを見せつけた。関学は第1、第2セットで主導権を握ると、難なくセットを奪った。第3セットでは一部メンバーを入れ替え、若手が活躍。25ー20で試合を制した。伝統の一戦で勝利を飾った関学は、関関戦を22勝14敗に勝ちを伸ばした。

試合後のコメント
副将黒木隆生(社4)「自分たちらしいバレーができて、目標としていたストレート勝ちをすることができた。本部長から『勝ってくれ』と言われていたこともあり、関関戦でバレーボール部が1勝を刻めて良かった」

37kkgamevolley.jpg

このページの先頭へ