150429%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・タイムで弟の藤岡佑(左)を励ます藤岡諒>

 4月29日、近畿大学記念会館にて2015年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ第6戦(対大商大)が行われ、関学はセットカウント1ー3で敗北を喫した。
 第1セット、相手のペースにのまれた関学は12ー25でセットを落とす。しかし続く第2セット、小川(経2)が2本、藤岡(経4)、喜入(経1)が1本ずつとチーム全体で計4本のサービスエースを決め勢いに乗りセットを獲得。第3、4セットも好戦するも23ー25、22ー25で黒星となった。

試合後のコメント
主将東田嵐「スタメンをガラッと変えての試合だったので正直どうなるか分からなかったが、小川(経2)も藤岡佑(社1)も声を出して頑張ってくれた。ただ若いチームは崩れやすいのが難しいところ。まだまだ自分たちのバレーの形ができていない。もっとみんなにはボールへの執念を見せてほしい」

このページの先頭へ