20150503%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC.JPG
<写真・今試合も15得点を決めチームをけん引した中江>

 5月3日、兵庫大学にて2015年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ第4戦が行われ、関学はセットカウント3ー0で京大に勝利した。
 関学はすべてのセットで序盤ミスが続き追う展開になった。しかし全セットの後半で粘りを見せ、逆転でセットを奪う。結果、1セットも京大に奪われることなくストレート勝ちで4連勝を決めた。次戦は明日5月4日、兵庫大学にて滋賀大との第5戦が行われる。

試合後のコメント
主将髙橋実奈子(教3)「全セットで相手を追う形になったが、20点後半から自分たちのバレーをして勝つことができた。今日は全員緊張からミスを連発してしまったのが課題。次戦は最初と最後の5点にこだわっていきたい」

このページの先頭へ