150524%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・4連続サービスエースで流れを引き寄せた陣内(人2)>

 5月24日、岸和田市総合体育館にて2015年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ3部入替戦が行われ、関学はセットカウント0ー3で関外大に敗北した。関学勢は緊張から中々身体が動かない。全セットでお見合いやレシーブミスを連発してしまい、流れに乗り切れないまま2セットを落とす。第3セットで初めてリードを保つも、最後は逆転され、ストレート負けを喫した。関学は今季リーグ戦を4部残留で幕を下ろした。

試合後のコメント
主将髙橋実奈子(教3)「格上の相手に対して挑む気持ちが弱かったです。詰めの甘さが出てしまいました。秋こそは全勝で3部に上がりたいです」

このページの先頭へ