150611%25E3%2583%2590%25E3%2583%25AC%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259C%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25AB%25E9%2583%25A8%25E7%2594%25B7%25E5%25AD%2590%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・得点を挙げ喜び合う選手たち>

 6月11日、関西学院大学にて第38回総合関関戦が行われ、関学はセットカウント3ー0で白星となった。
 第1セット、中盤で追い上げられるも25ー22で逃げ切った関学は、リードを許すことなく第2セットもものにした。メンバーを大幅に変えて迎えた第3セット、序盤から関学ペースに持ち込み25ー15でセットを獲得。セットカウント3ー0のストレートで勝利を収めた。

試合後のコメント
主将東田嵐(人4)「ホームでの開催なので、応援に来てくれた方に『魅せるバレー』が出来たらと思っていた。4年間練習してきたこの体育館がもうすぐ取り壊されるので、最後に勝利を飾ることができて良かった。第3セットはBチームを出したが、Aチームに劣らない盛り上がりを見せてくれた。課題もあるが、今日の勝ちは西カレにつながるものになったと思う」

このページの先頭へ