10月18日、桃山学院大学にて関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦女子4部第6戦(対常磐会)が行われ、関学はセットカウント3ー0で勝利した。
 中江(経2)、吉武(人3)、三井(経1)、多比良(文1)が次々とスパイクを決め、25ー19、25ー14、25ー19で全セットを獲得した関学。ストレート勝ちを収め、3部昇格へ王手をかけた。
 次戦は10月25日、大阪教育大学にて第7戦(対桃学大)が行われる。

試合後のコメント
ピンチをレシーブでカバーした多比良麻美(文1)「普段から練習してきたことがレシーブで出せた。また、サーブもいつも以上に決めることができてよかった。次戦では自分のできることを全力で取り組みたい」

このページの先頭へ