20151202%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・スパイクを決める菰方(社2)>

 12月2日、大田区総合体育館にて、第68回秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会ミキプルーンスーパーカレッジバレー2015が行われた。
 グループ戦2戦目の今日、関学は神奈川大と対戦した。第1セットは着実に得点を重ねていき25ー21。続く第2セットでは序盤から流れを作り関学ムード。中盤にはさらに点差を広げ、25ー18でセットを連取。セットカウント2-0で勝利し、グループ戦1位通過を決めた。明日からはトーナメント戦が行われ、関学は順大と同会場にて対戦する。

試合後のコメント
主将東田嵐(人4)「格下の初めてやる相手に苦戦した。相手は少しの可能性を狙っておもいっきりやってくるので。体育館にまだ慣れていないからということもあったが、今日で感覚がつかめたとは思う。明日からのトーナメント戦は負けたら引退。1つでも多くこのチームで戦いたい。内容は悪くても勝てば長く試合ができるので、とにかく勝つことにこだわっていきたい」

このページの先頭へ