160416%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・菰方(社3)の得点に喜ぶ選手たち>
 
 4月16日、大阪商業大学にて2016年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ第2戦(対近大)が行われ、関学はセットカウント1-3で敗北した。第1セットを獲得したものの、第2セットからミスが目立ち始める。第2セットを落とし、巻き返しを図るも最後まで立て直すことができず、リーグ戦初黒星で開幕2連勝とはならなかった。次戦はあす、同会場にて第3戦(対大商大)が行われる。

試合後のコメント
主将藤田聡(経4)「自分たちのプレーができず、守りに入ってしまったのが敗因。サーブミスも目立ち、自分たちのミスでリズムが崩れてしまった。それでも最後まで粘ったプレーができたのは収穫。上位リーグに行くために、気持ちを切り替えて挑みたい」

このページの先頭へ