160423%E7%94%B7%E3%83%90%E3%83%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・ブロックを決め、ガッツポーズをする選手たち>

 4月23日、立命館大学いばらきキャンパスにて2016年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ第4戦(対龍大)が行われ、関学はセットカウント3-1で勝利した。第1、2セットで、拮抗したゲーム展開となりながらも奪取。第3セットは落としたが、最終セットは流れを渡さず勝ちきった。次戦は4月24日、関西大学にて第5戦(対姫獨大)が行われる。

試合後のコメント
主将藤田聡(経4)「勝てば上位リーグ進出が決まる試合で勝てたのは良かった。センター線を意識した攻撃もうまく働き、2枚ブロックがあっても決めきれていた。次戦は上位リーグへの最後の調整としていい形で終わりたい」

このページの先頭へ