1461493911706%20%281%29.jpg
〈写真・1年生ながらチームを勢いづけるプレーをした善家(国1)〉
 4月24日、兵庫大学にて2016年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦女子3部第2戦(対佛教大)が行われ、関学はセットカウント0ー3で敗北した。
 第1セットは序盤から相手のペースに持ち込まれ、16ー25でセットを先取される。第2セットは巻き返しを図るもミスが響き19ー25でセットを連取され、相手を勢い付ける形となった。第3セットは序盤でリードを奪うも、7連続失点を許し形勢逆転。関学は中江(経3)の連続得点で追い上げを見せるも、一足遅く21ー25で最終セットも落とした。関学は0ー3のストレート負けで2戦連続黒星となった。
 次戦は5月1日、兵庫大学にて第3戦(対姫獨大)が行われる。

試合後のコメント
主将髙橋実奈子(教4)「厳しいゲームだった。連続失点のときにすぐに切り替えることができなかった。気持ちの弱さがプレーに出ていたと思う。本来の目標が2部昇格だったのに、ここで2連敗してしまった。次戦は絶対に勝ちたい」

このページの先頭へ