160902%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.JPG
<写真・輪をつくって得点を喜ぶ選手たち>

 9月2日、 第68回近畿6人制バレーボール総合男子選手権大会がベイコム総 合体育館で行われ、 関学は1回戦で社会人チームであるEXITにセットカウント2ー 0で勝利した。
 第1セットは相手のミスも重なり、 6連続得点など試合を優位に進め25-13で難なく先取。 3セットマッチのため王手をかけた。 第2セットは一時同点に追いつかれる場面もあったが、 落ち着いて自分たちのプレーを取り戻し最後は25ー23で勝利し た。次戦はあす、同会場にて2回戦(対堺ブレイザーズ) が行われる。

試合後のコメント
藤田聡(経4)「相手の事前情報がなかったが、 気が緩むことなくしっかり話してプレーができた。 あすはVプレミアリーグのチームだが、 自分たちは大学生らしく明るいプレーをしたい。 チャレンジャーという気持ちで観ている人たちにも関学の良いとこ ろを見せられればと思う」

このページの先頭へ