160911%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・得点を決めガッツポーズする喜入>

 9月11日、大阪府・近畿大学記念会館にて2016年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ第2戦(対天理大)が行われ、関学は3ー0でストレート勝ちし、開幕から2連勝となった。
 第1セットから 25ー18、25ー21、25ー18と危なげなく3セットを獲得し、2年生エースの喜入(経2)が第1セットだけで7得点をマークするなどの活躍を見せた。上位リーグ進出へ大きな2勝目となった。次戦は、9月17日に大阪商業大学で同大と対戦する。

試合後のコメント
藤田聡(経4)主将「ストレート勝ちで開幕2連勝できてとても良かった。春季リーグ戦ではフルセットの試合をしたので山場だと感じていたが、自分たちのバレーをできたことが勝因だと思う。ただ、連続失点をしてしまったことは課題。上位リーグではこの隙に相手に主導権を握られてしまうので改善したい。次の同大は春季に1部へ上がってきたばかりのチームだが、昨日フルセットで京産大に勝っている。油断をせずに3連勝を狙う」


このページの先頭へ