20160918%E5%A5%B3%E3%83%90%E3%83%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg

<写真・得点を決め、歓喜の輪をつくる選手たち>

9月18日、びわこ成蹊スポーツ大学にて2016年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦3部第2戦が行われ、相愛大にセットカウント3ー0で勝利した。
序盤から関学のペースで試合が進んだ。第1セット後半はミスが目立ち、相愛大に5連続失点を許したが、25ー18でこのセットを獲得。第2セット、第3セットは、中江(経3)、髙橋(教4)のポジション変更がはまり、ミスも少なくどちらも25ー8で圧倒した。セットカウント3ー0で関学は勝利し、開幕連勝を飾った。
 次戦は9月25日、兵庫大学にて第3戦(対兵庫大)行われる。

試合後のコメント
髙橋実奈子(教4)主将「もっとミスなく抑えられた試合だった。第2、第3セットは良かったので次の試合に繋げたい。来週の相手は今日のようには行かないので、第1セットの出だしから全員バレーで点を取っていきたい」

このページの先頭へ