160925%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.JPG

<写真・得点後メンバーと喜ぶ安田(社4)>

 9月25日、大阪産業大学にて2016年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ第6戦(対甲南大)が行われ、関学はセットカウント2ー3で敗北し、上位リーグ初戦を白星で飾ることはできなかった。
 第1、2セットは、予選リーグの勢いのまま取る。だが、第3セットから速い攻撃を得意とする相手に圧倒され2ー0からの逆転負けとなった。次戦は10月9日、大産大にて上位リーグ第2戦(対近大)が行われる。

試合後のコメント
藤田聡(経4)主将「試合の入り方、セットの1点目を取ろうと言っていた。それが序盤はできていたのはよかったと思う。だが、相手の淡々としたプレーでペースをつかまれてしまった。次の試合まで2週間あるので気持ちを切り替え、残り試合全勝しリーグ優勝を目指したい」

このページの先頭へ