20170416%E5%A5%B3%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・得点を決め喜ぶ選手たち>

 4月16日、びわこ成蹊スポーツ大学にて2017年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦3部第1戦が行われ、関学はびわスポ大にセットカウント3ー0で勝利した。
 2部昇格に向け負けられないリーグ開幕戦。新体制となり初の公式戦だった中江女バレは、1セット目は序盤ミスが目立つも25ー18でセットを獲得。2セット目は途中試合中断のハプニングがあるも集中を切らすことなく25ー23でセットを獲得した。3セット目は関学のペース。中江主将(経4)のスパイクがきれ、選手たちの好守備が光った。25ー8でセットを獲得し、セットカウント3ー0で開幕白星を飾った。
 2部昇格のため負けられない試合は続く。次戦は4月23日、姫路獨協大学で第2戦(対京華頂大)が行われる。

試合後のコメント
中江美紗(経4)主将「初戦でみんな硬くて心配だったが追いつかれながらも勝てたのでよかった。第2セットは相手に途中まで圧倒されていたが、最後に巻き返せたところが去年とは違う所。第3セットは第2セットの流れのまま入れた。次戦は緊張をほぐして今まで通りの自分たちのプレーでストレートで勝つ」

このページの先頭へ