20170422%E7%94%B7%E3%83%90%E3%83%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1%E7%94%A8%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

<写真・今季初スタメンとなったWS喜入(経3)>

 4月22日、天理大学体育学部キャンパスにて2017年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ第3戦(対大院大)が行われ、関学はセットカウント3ー0でストレート勝ちを収め、連勝となった。
 第1セット、課題の立ち上がりでまたも攻撃が噛み合わず一進一退の攻防となるもなんとか粘り、25ー20で奪取。第2、3セットは相手の緩い雰囲気に流されず、25ー23、28ー26で勝ち切り、セットカウント3ー0で勝利を収めた。
 次戦はあす、大阪体育大学にて同大会第4戦(対大産大)が行われる。

試合後のコメント
菰方大貴主将(社4)「1セット目は自分の役割ができていない人が多く、流れに乗ることができなかった。大院大の雰囲気に飲まれず、自分たちのバレーができたことはよかった。あす対戦する大産大は1部Bブロックの中で一番強いことは想像できるので、自分たちのバレーをして勝ちたい」

このページの先頭へ