%EF%BC%90%EF%BC%95%EF%BC%90%EF%BC%97%E5%A5%B3%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%AC.JPG
<写真・ブロックをする三井(経3)> 

 5月7日、滋賀短期大学にて2017年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦3部第5戦が行われ、関学は佛教大にセットカウント3ー0で勝利した。
 立ち上がりから関学のペースだった。連取を重ね、第1セットを25-15、第2セットを25-11で獲得。第3セットは序盤に連続失点を許すも、三井(経3)のブロックがさえ、25-21で第3セットを獲得。セットカウント3ー0のストレート勝ちで開幕5連勝となった。次戦の勝利で、関学の2部昇格は確実となる。
 次戦は5月14日、姫路獨協大学で第6戦(対大女短大)が行われる。


試合後のコメント
中江美紗(経4)主将「立ち上がりはよかったが、第3セットでは相手に流れを奪われてしまった。全てのセットを関学ペースにできないのは今年のチームの悪い癖。全勝していることに安心せずに、気合いを入れ直して次戦に臨みたい」

このページの先頭へ