20170520%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・得点を決め、喜ぶ選手たち>

 5月20日、近畿大学記念会館にて2017年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ第9戦(対京産大)が行われ、セットカウント3-1で勝利し、上位リーグの成績を3勝1敗とした。

負ければ関西制覇の可能性が低くなる大事な一戦。第1セットはコンビバレーがさえ渡り、25-19で獲得。第2セットを惜しくも落としてしまうが、第3、4セットを25-13、25-19で連取。セットカウント3-1で勝利した。

次戦はあす、近畿大学記念会館にて同大会最終戦(対近大)が行われる。


試合後のコメント
菰方大貴主将(社4)「細かいミスもあったけれど、一人一人が自分の役割を全うしてくれた。コンビバレーもうまく展開できたし、チームのムードも良かった。掲げてきた『楽しんで勝つ』ことができたゲームだったと思う。このメンバーと一緒にバレーができて最高に楽しい。あすでリーグ戦は終わるが、新チームになってからやってきた自分たちのバレーを最後までやり切りたい」

このページの先頭へ