20170909%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合後、整列する選手たち>

 9月9日、大阪商業大学にて2017年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ第1戦(対甲南大)が行われ、関学はセットカウント2ー3で敗北し、開幕戦を白星で飾ることはできなかった。
 第1セットは課題の立ち上がりでミスが続き、23ー25で落とす。第2セットも流れを断ち切ることができず、終盤で逆転され24-26でセットを奪えず。第3、4セットは勢いを取り戻し、25-20、25-21で連取。最終セットは一進一退の攻防になるも、13-15で落とし、セットカウント2ー3で敗北。開幕黒星となった。
 次戦はあす、大阪商業大学にて同大会第2戦(対大産大)が行われる。
 
試合後のコメント
菰方大貴主将(社4)「きょうは相手にやられたというよりも自分たちが決め切れてなかったのが敗因だと思う。初戦ということで硬さもあって2セット目もズルズルいってしまった。でも、まだ1つ負けただけ。きょうで緊張もなくなったと思うし、気持ちも入ったと思う。とりあえずあすの大産大に勝って、チームの雰囲気も上げて勢いに乗っていきたい」

このページの先頭へ