150905%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・決勝進出を決めた佐野>

 9月5日、静岡県浜松市総合水泳場にて第91回全日本学生選手権水泳競技大会が行われた。故障者もあり、関西インカレとは全く別のメンバーで臨んだ男子400㍍メドレーリレーはあと一歩のところでB決勝進出を逃した。だが佐野(教3)が男子1500㍍で全体5位のタイムを出し、関西勢として唯一の決勝進出。強豪関東の中でも戦えることを全国の舞台で証明した。今大会はあすが最終日。佐野の決勝もあす、行われる。

主な結果は以下の通り
男子1500㍍自由形 予選
5位 佐野武(決勝進出)

試合後のコメント
主将崎久保拓洋(国4)「きょうは皆、やるべきことをやってくれた。いい波に乗れている。(男子400㍍メドレーリレーについて)故障者が相次ぎ、きょう初めてこのメンバーで泳いだが、飛び込みの引き継ぐタイミングはうまくいったし、一人一人がいいタイムを出せた。あすは全員が自分の力を発揮し、部一丸となって一つでも感動させられるレースができれば。自分にとっては学生生活最後のレースとなるのでベストタイムを出して後輩たちにかっこいい姿を見せたい」

このページの先頭へ