20140614wlifting.jpg
<写真・自己ベストの好成績を残した春名>

 6月14日、関西大学凱風館重量挙道場にて第37回総合関関戦重量挙競技会が行われ、関学は16ー25で敗れた。69㌔級で谷(法3)、77㌔級で黒田(教4)、85㌔級で春名(法4)が1位となったが、56㌔級、62㌔級に関学の出場者がいなかったため、この2階級のみで合計11点を献上したことが響き、勝ち星奪取には至らなかった。
 なお、この試合が初めての対外試合となった4人の1年生は、競技経験者の山名(国1)が記録なしに終わるなど、全員が入賞を逃した。

試合後のコメント
主将春名龍太郎(法4)「今年の初試合にしては上出来。毎年負けていて、競技の性質上結果が予測できていたが、どうせ負けるという考えでの試合は絶対にやりたくなかった。1年生は緊張していたと思うが、初試合としては成績が良く、2、3年後が楽しみ。(7月の西日本選手権に向けて)全員が新記録を出せるように、練習で良い雰囲気を作って最高の状態で迎えたい」

37kkgamelifting.jpg

このページの先頭へ