150704%E9%87%8D%E9%87%8F%E6%8C%99%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・自己ベストを更新した山名>

 7月4日、大阪府はびきのコロセアムにて、第54回西日本学生ウエイトリフティング選手権大会が行われた。関学からは、85㌔級に遠藤(法4)と内海(法2)、94㌔級に山名(国2)が出場。内海は競技1年目ながら記録を残し、ポイントを奪取。主将遠藤はスナッチで3試技とも失敗したため、記録なしに終わった。また、山名は、スナッチとC&ジャークの両方で自己新記録を更新し、トータル230㌔で10位となった。

スナッチ C&ジャーク
85㌔級 内海光貴 88㌔ 100㌔
遠藤隆 記録なし
94㌔級 山名マイケル 100㌔ 130㌔

試合後のコメント
主将遠藤隆「4年生2人が、記録を残せなかったのは大きな反省。2年生はよくやってくれたと思う。自分自身試合の雰囲気に慣れてきて、油断があった。11月の大会での目標は2部優勝。そのためにも全員が記録を残し、得点を取れるようにしたい」
山名マイケル「それなりの練習をしてきたし、調子もめちゃくちゃよかった。自己新は更新できたがもっと上の重量を取れたと思う。うれしさもあるが悔しさの方が大きい。大学内外に関学重量挙部の名を知ってもらえるようにしたい」

このページの先頭へ