150530%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合に勝ち、仲間にガッツポーズを向ける谷>

 5月30日、大阪府堺市金岡公園体育館にて平成27年度西日本学生レスリング春季リーグ戦第1日目が行われた。初戦は昨秋の1部優勝校である同大に対し力の差を見せ付けられ全敗。だが、第2戦は昨秋の準優勝校、九州共立大に3ー1とリードした展開から3ー3に持ち込まれたものの、最終の谷(人3)が残り時間0秒での劇的な勝利を収め、1部昇格後初の白星を得た。

試合後のコメント
九州共立大戦、最終競技者となり勝利を決めた谷怜真「九州共立大戦では3勝3敗の絶対に負けられないという状況の中で自分に回ってきてプレッシャーもあったが、それ以上に初の1部なので思いっきりやってやろうという気持ちの方が強かった。初戦は全敗だったが、強いチームに始めに負けたことで逆にスイッチが入って士気が高まった。また、今リーグ戦は4年生がいなかったが、それでも1部で戦えるということを示せた次につながるいい一戦になったと思う。明日は練習通り、迷わずに上がってきたチーム力を信じて1戦1戦全力で戦う」

このページの先頭へ