150531%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・中京学院大に勝利し、喜びを爆発させる末永>

 5月31日、大阪府堺市金岡公園体育館にて平成27年度西日本学生春季リーグ戦が行われ、第3戦では中京学院大に1ー3から茶圓(人2)、末永(経3)の連続フォール勝ちで4ー3の逆転勝ちを収め、1部残留を決定付けた。その後に行われた3位決定戦では昨秋の準優勝校立命大に谷(人3)のテクニカルフォール勝ちなどで2勝利を挙げたものの、2ー5で敗れた。4位で春季リーグ戦を終えたが、38年ぶりの1部でもそのブランクを感じさせなかった。

試合後のコメント
副将高見凜(法4)「今季のリーグ戦は下級生の頑張りがよかった。これは関学のいいところ。今回は4位だったが、この夏努力して秋には優勝を目指す。今回の2勝で自信は付いたがそれでもまだまだなので調子に乗らずここからさらに努力していく。秋季リーグでは4年生の頑張りが大事になるので、チームをしっかりと引っ張っていかないといけない」

このページの先頭へ