150817%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・2回戦進出を決めた茶圓>

 8月18日、東京都駒沢体育館にて、平成27年度全日本学生レスリング選手権大会グレコローマンスタイルの1日目が行われた。66㌔級の川福(経1)はテクニカルフォール負けにより初戦敗退、71㌔級の鎌田(人1)は2回戦へと勝ち上がるもフォール負け。また、59㌔級の天河(法2)は3回戦でテクニカルフォール負けとなった。だが、75㌔級の茶圓(人2)は明日の2回戦へと駒を進めた。明日はグレコローマンスタイル75㌔級で茶圓が戦う。

試合後のコメント
主将板場蓮(人4)「茶圓が2日目に残ったことが唯一の支え。川福は初の全国大会だったのでいい経験を積めたと思うし、成長を感じることもできたと思う。ただ、全体としては心残りがある。あとは茶圓に託す。だが、明日の相手は全国でも名の知れた強豪。茶圓はまだ2年生なので勝ち負けではなく先を見据えた戦いをしてほしい。関東の選手と対戦して筋肉の造りが違うと感じた。その差をどう埋めるかがこれから全国で戦うためには必要となってくる」

このページの先頭へ