20151114%E3%80%90%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E9%83%A8%E3%80%91.jpg
<写真・現役最後の試合を戦った前田>

 11月14日、大阪府堺市金岡公園体育館にて、第41回内閣総理大臣杯平成27年度全日本大学レスリング選手権大会の1日目が行われた。関学からは前田(法4)のみの出場。粘りを見せたものの、神奈川大の選手相手に1分54秒でテクニカルフォール負けを喫した。あすは61㌔級に北條(法3)、70㌔級に板場(人4)、86㌔級に末永(経3)が出場する。

試合後のコメント
前田真吾「経験者と初心者の差が最も出る今大会で初心者の自分がどこまで戦えるのか楽しみだった。だが、気持ちの面でも、技術の面でも負けてしまった。経験の差も出たと思う。チームにはまだ試合があるが、プレーヤーとしての自分は今大会で引退。最後のリーグ戦は、応援でチームに貢献したい」

このページの先頭へ