150504%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%88%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・470級、スナイプ級で優勝したメンバー。左から順に西原、川村、藤本、佐野>

 5月3、4日、新西宮ヨットハーバーにて2015年度関西学生ヨット春季選手権大会が行われ、470級では藤本(文3)・佐野(経4)組、スナイプ級では西原(経3)・川村(理3)組が優勝を成し遂げた。2レースを消化し、初日を1位で終えた両クラス。2日目はノーレースとなり、そのまま優勝を決めた。その他にも4組が入賞を果たした。

【関学勢の上位成績者】
470級
1位 藤本・佐野組 3点
2位 神木(経4)・甲斐(経3)組 3点
3位 松浦(人4)・小林(社3)組 10点
6位 山本(商3)・有岡(商2)組 24点
スナイプ級
1位 西原・川村組 2点
2位 庄野(文4)・誉田(教3)組 5点

試合後のコメント
主将神木聖「両級ともに1、2位を勝ち取ることができ、幸先の良いスタートが切れた。今のチームの雰囲気もいい状態。最終的な目標であるインカレ優勝に向け、『明るく元気に関学らしく』を軸にやっていきたい」
470級で優勝した藤本・佐野組「今回の目標としていた3位を越え、優勝ができ良かった。お互いのことをよく知っていたため、難しい場面でも焦らずに切り抜けられた。全日本インカレ優勝の目標を常に意識し、頑張っていきたい」
スナイプ級で優勝した西原・川村組「作戦通りにレースを展開することができた。もし今後同じペアになることがあれば、もっとコンビネーションを良くしていきたい」

このページの先頭へ