150621%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%88%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・470級で優勝を果たした松浦(左)>

 6月20、21日、新西宮ヨットハーバーにて平成27年度関西学生女子ヨット選手権大会が行われ、関学からは3艇が出場。470級では松浦(人4)・関(国3)組、スナイプ級では相澤(文3)・川村(理3)組が優勝を遂げた。また、470級では山下(社2)・小泉(文1)/本田(法1)組は3位に入賞した。1日目は4レースを消化し、両級とも1位を獲得。続く2日目は2レースのみだったが、安定した走りを見せ両級とも優勝を成し遂げた。これで、関学の3艇は9月に行われる全日本学生女子ヨット選手権大会への出場を決めた。

試合後のコメント
女子リーダー松浦朋美「本戦(全日本女子インカレ)を意識して試合に臨んだ。自分たちの弱いところを見ることができたので、いい機会になったと思う。女子でも自分を出して、がめつくいって欲しい」

このページの先頭へ