20150927%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%88%E9%83%A8%20%281%29.jpg
<写真・関西9連覇を果たし、笑顔を見せる部員たち>

 9月27日、平成27年度関西学生ヨット選手権大会最終日が、新西宮ヨットハーバーにて行われた。関学は470級で1位、スナイプ級で3位となり、総合優勝を果たした。470級は安定した走りで、初日から一切順位を落とすことなく首位を突っ走った。一方、スナイプ級は2日目から1つ順位を落とし、3位となった。今大会の成績により関学は11月5~8日、神奈川県江ノ島ヨットハーバーにて行われる全日本学生ヨット選手権大会に出場する。

試合後のコメント
主将神木聖(経4)「470級は雰囲気がよく、最後まで順位を落とさずいけた。今年のチームは明るく元気に関学らしく、をモットーにしている。そうすることで、ミスしても切り替えができていると思う。全日本インカレまであと39日、ヨットのことだけを考えて過ごしたい」
副将庄野智哉(文4)「正直3位に終わったのは悔しい。スナイプはメンタルが弱いのが課題。練習ではいいレースができるのだが、トラブルに巻き込まれると、崩れてしまう。インカレまでに練習を重ねて自信をつけ、メンタルを強化していきたい」

このページの先頭へ