151129%E3%83%A8%E3%83%83%E3%83%88.JPG
<写真・スナイプ級1位を獲得した喜田・柴田組>

 11月29日、新西宮ヨットハーバーにて、平成27年度関西学生ヨット新人選手権大会2日目が行われた。今大会で関学は、470級において山本(商3)・山下(社1)組が1位、藤本(文3)・本田(法1)組が2位、山下(社2)・小林(社3)組が3位を獲得。スナイプ級では喜田(人3)・柴田(国2)組が1位、西原(経3)・松本(総3)組が4位と、両級において上位成績を残し、関西最強たるゆえんを示した。これでヨット部はオフシーズンに入り、万全の準備をしたうえで来年に臨む。

試合後のコメント
主将誉田智史(教3) 「4年生が引退し、まだしまりきってない部分があったが、声出しの面は例年に比べよくできていた。今大会は470級はよくやってくれたと思うが、スナイプ級がまだまだ力不足。1位から3位まで全て関学で占めるようにしたい。4年生が残した、明るく元気に関学らしくというモットーをベースにし、来年こそ全日本インカレ優勝を勝ち取る」

このページの先頭へ